安全管理体制

医療安全管理

医療安全に関しては「リスクマネジメント」「感染防止」等の活動については、それぞれ専門の委員会やチームをつくり、活動経過報告と問題・課題の抽出、是正対策や予防対策の実施評価、改善フォローアップなどを行っています。定期的な医療事故防止や感染防止等の職員教育を行い、安心、安全の医療の提供に努めています。

安全管理に関する基本方針

  1. 当院の医療安全管理は、当院の医療サービスの提供プロセスに関わる全ての部門・部署を対象とする。当院の医療安全活動においては、「人間はエラーを犯すもの」という観点に立ち、エラーの根本原因はインシデント及び医療事故を発生させた「医療上の業務プロセスの不備にある。」という点に着目し、システムに対して根本原因を究明・改善していくことを主眼とする。
  2. 医療安全上の改善活動の到達目標は、単独の過ちが即ち医療事故という形で患者に実害を及ぼすことのないような仕組みを構築すること。すなわち、業務手順が改訂され、実施後の評価が定期的に行われるまで実施できて目標達成とする。
  3. 病院長の強いリーダーシップのもと、組織をあげて安全対策に取り組んでいくことが必要であり、医療安全活動の必要性、重要性を全部署、全職員に周知徹底し、共通の課題として全員参加の積極的な取組みを行うこととする。

安全管理体制の構築

  1. 医療事故・インシデント等の報告制度の確立
  2. 職員に対する安全教育、研修の実施
  3. 事故発生後の対応方法の確立
  4. 安全確保のための措置

医療安全管理イメージ

医療安全管理イメージ

医療安全管理イメージ

感染防止対策

院内感染防止対策に関する基本的方針

  1. 院内感染発生予防・防止
    血液・体液のみならず、患者の喀痰・便・尿などの分泌物・排泄物(湿性生体物質)に接触するときには,感染性があるという考え方(標準予防策=Standard Precautions )に基づき、実践する。さらに、感染経路別予防策として、空気予防策、飛沫予防策、接触予防策の3つがあり、標準予防策に追加して実施する。
  2. 院内感染発生時の発生源の調査、拡散防止、治療、再発防止、院内感染防止対策を効果的に遂行するために以下の事柄を実践する。
    <具体的行動>
    ・ラウンドによる現場での指導啓蒙及び情報収集
    ・感染対策のモニタリング
    ・隔離対策及び感染危険物の取扱いの指導
    ・抗菌薬の適正使用に関する指導及びモニタリング
    ・滅菌物取り扱い方法の指導
    ・効果的な感染対策の提示
    ・感染の危険性のある部門の調査
    ・感染症患者の移動及び退院に関する助言
    ・日常的に実施されている感染対策の評価と改善
    ・新しい医療器具の使用方法の提示とモニタリング
    ・必要物品の供給に関する指導、提言
    ・院内感染防止対策の経済的効果の検証
  3. 院内感染防止対策は
    1.感染の発生予防・防止、
    2.感染発生時の発生源の調査、拡散防止、治療
    3.再発防止
    の三原則を病院の全ての部門が協力して実施することにより初めて有効となる。そのためには、感染防止委員会が中心となりICT(感染コントロールチーム)と協力し合い効果的・組織的な活動をする。

感染防止対策イメージ

感染防止対策イメージ

感染防止対策イメージ

医療提供体制

当院では、脳卒中などの発症間もない急性期の治療、リハビリテーションなどをおこない、身体機能の早期回復をめざしながら、再発予防など在宅生活ができるように多職種で関わりをもって対応します.また脳卒中予防のための脳ドックなどの予防医療にも力を入れています。

急性期医療

救命を第一に考え、脳卒中や心筋梗塞などの治療にのぞみます.早期離床と機能回復をはかり、患者さんの尊厳を損なうことなく、患者さんやご家族の希望を反映できるように、質の高い医療を多職種で提供します。

急性期医療イメージ

急性期医療イメージ

急性期医療イメージ

急性期医療イメージ

回復期医療

急性期での治療を終えて、在宅生活に必要な身体機能の回復を医師、看護師、リハビリセラピスト、医療ソーシャルワーカー等の多職種で支援いたします。

回復期医療イメージ

予防医療

欧米化した食事、過度の飲酒、喫煙、運動不足やストレスなどにより脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣に関わる病気が増えています。それらの病気を減らすための「特定健診・特定保健指導」「脳ドック」などを実施して、メタボリックシンドロームの改善や脳卒中などの予防に力を入れています。

予防医療イメージ