本文へジャンプ


小規模多機能型居宅介護事業所とは
「小規模多機能型居宅介護事業」とは、“認知症高齢者一人ひとりの願い”に向き合い、寄り添い、介護が必要になっても、住み慣れた家に暮らし、家族や親しい人々と共に、「安心した生活」「自分らしい生活」が送りたいという願いを実現させるためのものです.「通い」を中心とし、利用者の様態や希望などに応じて「訪問」や「泊まり」を組み合わせて提供するサービスです。利用については、登録制になっており、登録可能人数は25名になっており、1日の利用人数は、「通所」15名、「泊まり」6名、「訪問」は随時となっております。また、「運営推進委員会の設置」が義務付けられており、地域の方々が運営を協議、評価する事になっております.

なじみの里のミッション(使命)
高齢者の尊厳と生き甲斐を守り、心の琴線にふれるケアを行います.

なじみの里の特徴
    1. 「なじみの里」では「通い」を中心として利用者の状態や希望などに応じて「訪問」や「泊まり」組み合わせ、利用者や家族にとっても、安心して自宅での生活ができるよう支えます.
    2. 「なじみの里」では、認知症の進行予防リハビリを中心に、利用者の皆さんと職員が一緒に買物や掃除・洗濯、ご飯やおやつを作ったり、野菜の手入れや収穫、足湯やドライブへ外出など、普段の生活を通して、生活リハビリを行なっています.
    3. あづま脳神経外科病院が併設されている為、利用者や家族の皆さんを24時間体制でサポートしております.

なじみの里の施設をご紹介します.

■食堂 ■リビングスペース ■宿泊のお部屋
食事は職員と一緒に会話を楽しみながら行います. 和室のリビングスペースを準備しています.ここで将棋や碁を始め語らいの場となっています. 3室の宿泊のできる和室を準備しております.

■テラス テラスでの野菜作り ■なじみの里全景
ウッドデッキテラスでは日向ぼっこや園芸などを実施. 職員と利用者様とでいろいろな野菜作りをしています.

2階建ての大きな建物です.



    社会医療法人 秀公会 小規模多機能型介護事業所 なじみの里
〒960-8263 福島県福島市方木田字水口5-14
TEL(024)545-7114 FAX(024)545-7117