看護部門

急性期病棟

この病棟は脳卒中や心筋梗塞をはじめとする病気やけがで緊急入院するなど病状変化の可能性の高い急性期の患者様を対象とする病棟です。早期離床と機能回復をはかりどのような立場の患者様にも尊厳を損なうことなく、患者様、ご家族様中心の常に質の高い看護を提供するようにしています。当院は救急告示病院ですので集中治療室には手厚い医療を必要とする患者様が入院しています。

急性期病棟イメージ

急性期病棟イメージ

急性期病棟イメージ

急性期病棟イメージ

3F

3F MAP

4F

4F MAP

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟には、脳卒中や肺炎、骨折等の疾患が急性期治療を終えた患者様が日常生活動作能力の向上、寝たきり防止のために入院してリハビリテーションをおこないます。訓練室だけでなく病棟においても様々なリハビリをおこない在宅復帰をめざします。

個人にあったリハビリプラン安心できる在宅生活へ!

  1. チーム医療による連携
    医師を中心に複数の専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・医療福祉相談員・管理栄養士など)によりチームを形成し、患者様の状態を見極めながらリハビリ計画を立て、社会復帰に向けて全力でサポートします。
  2. 365日のリハビリを提供
    回復期では機能回復がめざましい重要な時期です。そのため、完全365日体制で毎日リハビリテーションを提供できる体制をとっています。
  3. 生活に即したリハビリ
    病院での生活-朝起きて、顔を洗う、着替える、食事をする、トイレに行くなど、日常生活動作すべてがリハビリになります。チーム体制として看護師もリハビリに参加しているため、専門的なリハビリの時間以外にも、リハビリ要素を含めた生活を、患者様一人ひとりに対してサポートします。
  4. 個別性・集中的にリハビリを展開
    退院後の生活を想定し、必要な動作を「マンツーマン」で治療・訓練します。私たちは専門職として、できない動作を繰り返すだけではなく、できない動作の原因をみつけ、リハビリをすることで目標の達成をめざします。

病棟の設備

病室
病室

広々としたデイルーム(食事やレクリエーションをおこないます)
広々としたデイルーム(食事やレクリエーションをおこないます)

バリアフリーのトイレ(トイレ動作を練習します)
バリアフリーのトイレ(トイレ動作を練習します)

廊下(80mの長い廊下で歩行練習をおこないます)
廊下(80mの長い廊下で歩行練習をおこないます)

畳スペースを使って床上動作を練習畳スペースを使って床上動作を練習

病棟内の台所で家事の練習もできます
病棟内の台所で家事の練習もできます

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟の対象疾患

疾患 入院までの日数 入院限度日数
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は、手術後、義肢装着訓練を要する状態。 発症または手術後
2ヵ月以内
150日以内
高次機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷、頭部外傷を含む多部位外傷の発症又は手術後。 180日以内
大腿骨、骨盤、脊髄、股関節又は膝関節、二肢以上の多発骨折の発症又は手術後。 90日以内
外科手術又は、肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術又は発症後。
外科手術又は、肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術又は発症後。 発症または手術後
1ヵ月以内
60日以内

特殊疾患病棟

特殊疾患病棟は、脊髄損傷等の重度障害者の方、重度の意識障害の方、パーキンソン病・脊髄小脳変性症・筋萎縮性側索硬化症・多発性硬化症などの神経難病や意識障害の方を主に対象としている慢性期の療養病棟です。遷延性意識障害の患者様が多い中で、自ら訴えることのできない患者様のニーズをいち早く捉え、長期療養を支える家族の思いに添えるようにしています。

病棟での取り組み

  1. 口腔ケア
    口腔内が不衛生だと雑菌が気管や肺に入って肺炎になることがあります.口腔内の衛生を保つために看護師と歯科衛生士が協力し、口腔ケアを徹底して行います。
  2. 肺炎予防
    喀痰吸引や肺理学療法を実施し、肺炎を予防します。
  3. 褥瘡予防(床ずれ予防)
    看護師や栄養士などの職種がチームを組み、その方の状態に合わせた予防対策を立案・実施し、褥瘡(床ずれ)の発症を予防します。
  4. 関節拘縮の予防
    看護師が関節運動やリラクゼーションを実施し、関節拘縮の予防に努めます。

適応となる疾患

・重度の意識障害(GCS:8点以下)
・脊髄損傷の重度障害者
・筋ジストロフィー
・多発性硬化症、重症筋無力症、スモン、筋萎縮性脊索硬化症、プリオン病、
もやもや病、パーキンソン病関連
(ヤール分類ステージ3以上であって生活機能障害IIまたはIII以上)
・人工呼吸器を装着している患者

病棟の設備

機械浴室
機械浴室

バリアフリーの洗面所とトイレ
バリアフリーの洗面所とトイレ

ゆったりとしたスペースのベッドサイド
ゆったりとしたスペースのベッドサイド

面会の方や家族の方がゆっくり歓談できるデイルーム
面会の方や家族の方がゆっくり歓談できるデイルーム

気軽に医師に質問できる環境
気軽に医師に質問できる環境

明るくて広々とした院内
明るくて広々とした院内

特殊疾患病棟

特殊疾患病棟